レオパレスの初期費用はいくら?相場は?発生する費用は?レオパレス初期費用の全てを徹底解説

レオパレスの初期費用

レオパレスは家具家電サービスやマンスリー契約、お得な学割プランなど多くのメリットがある不動産会社です。

また、全国に約57万戸も物件を管理しており、希望のエリアでしっかりお部屋探しができることも大きな魅力です。

そんなレオパレスへの入居を検討されていらっしゃる方も多いことでしょう。

そして入居を検討されている方が最も気になることは「初期費用」だと思います。

そこで今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、

レオパレスの初期費用について詳しく解説していきます。

  • レオパレスの初期費用はいくら?相場は?
  • レオパレスの初期費用で発生する費用
  • レオパレスマンスリーの初期費用
  • レオパレスの初期費用は分割できる?クレジットカード払い可能?
  • レオパレスの入居審査について

上記5つの内容について詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことでレオパレスの初期費用についてしっかり理解することができますよ。

\Web申込み1万円キャッシュバック/

レオパレスの初期費用はいくら?相場は?

「レオパレスの初期費用はいくらくらいだろう?相場はどのくらい?」

このような疑問をお持ちの方が多いと思います。

まずはレオパレスの初期費用がいくらくらいになるのか。

相場はどのくらいなのかを解説していきます。

レオパレスの初期費用の相場は家賃4ヶ月~5ヶ月分

レオパレスの初期費用で発生する費用はおおよそ家賃4ヶ月~5ヶ月分です。

例えば家賃6万円の物件の場合、24万円~30万円前後の初期費用となります。

一般的な不動産会社の初期費用の相場は賃料の5ヵ月分~6ヵ月分となりますので、レオパレスの初期費用は一般的な不動産会社の初期費用に比べて比較的安い初期費用と言えます。

レオパレスは敷金なし・仲介手数料なし!

レオパレスの初期費用が相場よりも安い理由として、

  • 敷金なし
  • 仲介手数料なし

の2つの要因があります。

一般的な不動産会社では、

  • 敷金1ヶ月
  • 仲介手数料0.5ヶ月~1ヶ月

上記の形が相場となっていますので、敷金なし・仲介手数料なしが原則であるレオパレスの初期費用は相場よりも安くなりますね。

30㎡以上の物件は敷金1ヶ月

ただし注意点として、30㎡を超える広めの物件に関しては敷金1ヶ月となります。

とは言っても、1R・1Kの間取りが主流であるレオパレス物件では、30㎡以上の物件はそこまで多くありません

基本的には敷金なし物件がほとんどであるという認識で良いでしょう。

Sponsored Link

レオパレスの初期費用で発生する費用

具体的にレオパレスの初期費用ではどのような費用が発生するのか。

レオパレスで発生する費用は下記のとおりとなります。

  • 敷金(30㎡以上の物件)
  • 礼金(なしの物件もある)
  • 環境維持費
  • 保証会社費用
  • 入居安心保険
  • 入居サポートシステムプラス
  • 鍵交換費用
  • 抗菌施工代
  • インターネット代(利用希望者のみ)

このように羅列すると多くの費用が発生することが分かりますね。

それぞれの費用の解説もさせていただきます。

礼金貸主へ物件を借りるお礼金。入居者にとっては無駄な費用。
環境維持費一般的な賃貸契約における自治会費・町内会費にあたる費用。
保証会社費用連帯保証人を立てずに保証会社を利用する費用。
入居安心保険家財などの保証となる保険加入に掛かる費用。
入居サポートシステムプラス24時間医療健康相談サービスや万が一鍵を紛失された場合などに受けられるサービス。
鍵交換費用入居前に鍵交換するための費用。
抗菌施工代害虫駆除などに効果がある室内消毒施工代。
インターネット代インターネット回線(LEONET)を使用する場合に発生する費用。

基本的には上記の費用が初期費用として発生してきますが、

  • 入居サポートシステムプラス
  • 抗菌施工代

上記の2つの費用はオプション商品となるので、必要がなければ初期費用から外せることも多いです。

必要がない場合は担当者に初期費用から外す相談をしてみましょう。

レオパレスの初期費用を実際に計算

実際にレオパレスの初期費用を計算してみました。

例:1K・家賃6万円・共益費3000円・礼金1ヵ月

家賃60000円
共益費3000円
敷金0円
礼金60000円
仲介手数料0円
環境維持費550円
保証会社費用63550円(保証料100%で計算)
入居安心保険18000円
入居サポートシステムプラス18975円
鍵交換費用10450円
抗菌施工代18040円
インターネット利用料2310円(スタンダードプランの場合)
合計254,875円

上記のケースの場合だと家賃の約4ヶ月分の初期費用となりました。

礼金がない物件や、オプション商品を外したりするとさらに初期費用を抑えることができますね。

トリプルゼロ物件でさらにお得に!

レオパレスにはトリプルゼロと呼ばれる初期費用が割引される物件もあります。

トリプルゼロが適用されている物件の場合、

  • 前家賃無料
  • 礼金無料
  • 鍵交換費用無料

上記3つの初期費用項目が無料で入居することが可能です。

トリプルゼロの物件を選択することで、さらに初期費用を抑えて入居することができます。

ただし、入居から8ヶ月以内に解約(退去)してしまった場合、違約金としてトリプルゼロで安くなった費用すべてを負担する形となりますのでご注意ください。

Sponsored Link

レオパレスマンスリーの初期費用

レオパレスは通常の賃貸契約だけではなく、マンスリー契約もあります。

通常の賃貸契約とマンスリー契約とでは初期費用が大きく異なってきますので、ここではレオパレスのマンスリー契約の初期費用についても詳しく解説をしていきます。

レオパレスのマンスリー契約は、

  • 利用料を一括前払い
  • 全物件家具家電付き
  • 水道光熱費が無料
となっています。
初期費用の段階で利用に掛かる全ての費用を支払う形となり、契約時にまとまった費用が必要となるものの、水道・光熱費も全て無料なので月々の家賃などの支払いは一切ありません。

また、レオパレスのマンスリー契約は下記の3つのプランに分けることができます。

  1. 短期プラン
  2. マンスリープラン
  3. 学割プラン

それぞれのプランでも費用が大きく変わっていきますので、各プランごとに詳しく解説をしていきます。

①短期プラン

短期プランは最短30日から利用可能なマンスリー契約プランです。

短期プランの料金は下記の料金プラン表によって予め定められています。

短期プラン料金表
画像引用元:レオパレス公式HP短期プラン料金表

少しややこしいですが物件のランク(A~Z)と利用する日数によって料金が算出されます。

また、上記の料金以外にも、

  • 鍵交換費用
  • 抗菌施工費
  • インターネット回線

は別途料金が発生してきます。

例えばBランク物件を30日間利用する場合の短期プラン料金は下記のとおりです。

物件利用料(Bランク30日)99,013円
鍵交換費用10,450円
抗菌施工費18,040円
インターネット回線スタンダードプランで2310円(使用無しの場合は0円)
合計129,813円

1日あたりの費用は4,327円

1ヶ月だけサクッと部屋を借りれるという点を考えれば安いでしょうか。

②マンスリープラン

続いてマンスリープランです。

マンスリープランは最短90日から利用可能なマンスリー契約プランです。

マンスリープランも短期プランと同じく予め料金表が定められています。

マンスリープラン料金表
画像引用元:レオパレス公式HPマンスリープラン料金表

また、マンスリープランも上記の料金以外に、

  • 基本清掃料
  • 環境維持費
  • ライフサポートサービス
  • 鍵交換費用
  • 抗菌施工費
  • インターネット回線

別途料金が発生してきます。

例えばBランク物件を12ヶ月利用する場合のマンスリープラン料金は下記のとおりです。

物件利用料(Bランク12ヶ月)661,320円
基本清掃料19,800円
環境維持費6,600円
ライフサポートサービス46,860円
鍵交換費用10,450円
抗菌施工費18,040円
インターネット回線27,720円(スタンダードプラン)
合計790,790円

基本清掃料やライフサポートサービスは30日当たりの費用を12ヵ月分一括前払いとなります。

ライフサポートサービスとは家財等保険と24時間トラブルサポートがつくサービスです。

1日当たりの費用は2196円となり、短期プランよりもかなり費用を抑えることができます

このようにマンスリー契約では長期間借りれば借りるほど費用を安くすることが可能です。

③学割プラン

最後にご紹介するのは学割プランです。

学割プランも同様に料金表が定められています。

学割プラン料金表
画像引用元:レオパレス公式HP学割プラン料金表

学割プランは1年.2年.3年.4年の4つの期間からプランを選ぶ形となります。

参考に、Bランク4年間の費用は下記のとおりです。

物件利用料(Bランク4年)2620,440円
基本清掃料退去時支払い
環境維持費26,400円
ライフサポートサービス無料
鍵交換費用10,450円
抗菌施工費18,040円
インターネット回線110,880円(スタンダードプラン)
合計2786,210円

学割プランではライフサポートサービスが無料で利用することができます。

一日あたりの費用は1,908円

この費用で家具家電付き・水道光熱費も無料となりますので、かなりお得な費用と言えるのではないでしょうか。

さらに学割プランでは、

  • 物件変更特約
  • 複数物件申し込み

など…さまざまな特典を利用することもできます。

短期プラン・マンスリープラン・学割プランを検討されている方もまずはレオパレスの公式サイトで物件情報を確認してみてください。

\Web申込み1万円キャッシュバック/

レオパレスの初期費用は分割できる?クレジットカード払い可能?

「レオパレスの初期費用は分割で支払うこともできるのかな?」

「クレジットカード払いはできる?」

このような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

結論としては、

クレジットカードを利用しての分割払いは可能

となります。

また、現在クレジットカードをお持ちでない方もTカードプラス(レオパレスメンバー)をレオパレス店舗にて発行することができますので、ご希望の方はTカードプラス(レオパレスメンバー)を発行するのも良いかと思います。

レオパレスの入居審査について

これからレオパレスの入居を検討されている方にとって、初期費用以外にも入居審査に疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

レオパレスの入居審査は一般的な不動産会社よりも審査がゆるめです。

レオパレスの入居審査ではグループ会社の「プラザ賃貸管理保証」にて審査を行いますが、クレジットカード滞納歴などの個人信用情報は確認されないことが審査がゆるい大きな理由です

また、マンスリー契約では「プラザ賃貸管理保証」の審査もありませんので、過去にレオパレスの物件でトラブルなど起こしていなければ審査に落ちてしまうことはないでしょう。

もちろん100%審査に通過できるわけではありませんが、かなり入居審査に通過しやすい不動産会社と言えます。

さらに詳しいレオパレスの入居審査の詳細に関しては筆者の別サイト記事で解説をしています。

レオパレスへの入居をご検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

Sponsored Link

まとめ

今回はレオパレスの初期費用について詳しく解説をいたしました。

レオパレスの初期費用は敷金なし・仲介手数料なしとなるので、相場よりも比較的安いです。

また、レオパレスには通常の賃貸契約だけではなくマンスリー契約もあるので、ご自身の入居期間などによって賃貸契約かマンスリー契約かを選べる利点もあります。

まずはレオパレスの公式サイトで最新の物件情報を確認してみてください。

\Web申込み1万円キャッシュバック/

また、初期費用だけではなく、退去費用もあらかじめ知っておくことで退去の際のトラブルを事前に防ぐこともできます。

レオパレスの退去費用に関する記事もございますので、よろしければ参考にご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたがより良いお引越しができることを祈っています。

初期費用が安いビレッジハウス

「初期費用をとにかく抑えたい!」

そんな希望をお持ちのあなたにはビレッジハウスがおすすめです。

ビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が圧倒的に安いです。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

ビレッジハウスの初期費用の詳細は下記の記事をご参照ください。

Sponsored Link