【ミニミニの初期費用】仲介手数料やライフサポートなど注意点を徹底解説!

ミニミニの初期費用

ミニミニは全国に約480店舗ある賃貸不動産会社です。

全国賃貸住宅新聞」にて発表された2020年賃貸管理戸数では約18万件で全国8位、賃貸仲介件数では約15万件で全国2位となっています。

管理戸数、仲介件数、知名度すべてにおいてトップクラスの不動産会社と言ってよいでしょう。

そんなミニミニでお部屋探しを検討されている方も多いと思います。

そしてお部屋探しを検討されている方が最も気になるのは「初期費用」ではないでしょうか?

そこで今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、ミニミニの初期費用について詳しく解説をしていきます。

  • ミニミニの初期費用の相場
  • ミニミニの仲介手数料
  • ミニミニの初期費用を実際に計算
  • ミニミニライフサポートについて
  • 初期費用のクレジットカード払い、分割払いについて

おもに上記5つの内容について詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことでミニミニの初期費用や仲介手数料についてしっかり理解することができますよ。

Sponsored Link

ミニミニの初期費用の相場

まずはミニミニの初期費用の相場について解説をしていきます。

先に結論からお伝え致しますと、

ミニミニの初期費用は相場よりも安いことが多いです。

ミニミニ自社物件の「スーパー君・エース君」の契約では「敷金礼金なし」の物件が多く、初期費用は家賃の3ヶ月分~4ヶ月分ほどとなります。

その他の不動産会社の初期費用の相場は家賃の5ヶ月~6ヶ月分ほどとなりますので、敷金礼金なしのスーパー君・エース君の物件は相場よりもかなり安い初期費用となります

スーパー君・エース君とは?

ミニミニスーパー君・エース君
画像引用元:ミニミニ公式サイト

ミニミニのスーパー君・エース君は、ミニミニの自社物件のみで紹介可能な入居システムです。

初期費用が安いだけではなく退去時のクリーニング費用(内装代)も0円となるので、入居時・退去時ともに費用を抑えることができます。

ミニミニでお部屋探しをされるのであれば、スーパー君・エース君の物件を選択することによってお得に入居することができるでしょう。

ただし、スーパー君・エース君でも敷金礼金が発生したり、内装代が発生する場合もございますのでご注意ください

Sponsored Link

ミニミニの仲介手数料は基本半額

ミニミニの初期費用が安い理由は他にもあります。

それが、仲介手数料の安さです。

ミニミニの仲介手数料は賃料の0.5ヶ月分+税となっています。

その他の不動産会社の仲介手数料の相場は賃料の1ヶ月分+税となりますので、相場よりも半額の仲介手数料となります。

ミニミニの仲介手数料が半額な理由

「なんでミニミニは仲介手数料が半額なんだろう?」

気になる方も多いのではと思います。

実は賃貸の仲介手数料に関して、宅地建物取引業法では下記のように定められています。

居住用建物の報酬額

貸主から賃料の0.5ヵ月以内

借主から賃料の0.5ヵ月以内

依頼者の承諾がある場合は、いずれか一方から賃料の1ヵ月分を受け取ることが出来る。ただし、この場合も貸主と借主から受ける報酬の合計額は、賃料の1ヵ月以内でなければならない

仲介手数料は消費税の課税対象

多くの不動産会社は借主負担の仲介手数料を賃料の1ヶ月分として上限いっぱいまでの仲介手数料を受領しています。

(多くの不動産会社では特に詳しく説明されることなく、契約時の重要事項説明書に「契約成立時には媒介報酬額○○円(家賃1ヶ月分の金額)を支払うことを承諾する」と一文を入れて契約が結ばれています)

そこでミニミニでは宅地建物取引業法の基本原則どおりに借主から賃料の0.5ヶ月分のみ受領する形を取り、その他の不動産会社と差別化を図っています。

まだまだ多くの不動産会社が賃料の1ヶ月分の仲介手数料を請求していますので、仲介手数料0.5ヶ月分であるミニミニに大きな集客力があるのは当然と言えるでしょう

フランチャイズ店舗に注意!

基本的には仲介手数料が賃料の0.5ヶ月分+税となるミニミニですが、仲介手数料が賃料の0.5ヶ月分+税とならない場合もあります。

ミニミニは全国約480店舗のうち、約半数がフランチャイズ店舗です。

仲介手数料0.5ヶ月分のサービスはミニミニ直営店によるもので、フランチャイズ店舗の場合は仲介手数料が相場通りの賃料の1ヶ月分+税の店舗も多いです。

そのためミニミニでお部屋探しされる場合は、

「直営店であるかフランチャイズ店舗であるか」

によって仲介手数料の金額が異なりますので注意が必要です。

また、直営店であっても下記の契約となる場合は仲介手数料は0.5ヶ月分+税となりません。

  • 駐車場
  • 店舗
  • 事務所
  • 業者仲介
  • 媒介契約

来店する前にミニミニ直営店かフランチャイズ店であるかを確認し、さらに仲介手数料0.5ヶ月分+税で対応してもらえるかどうかもしっかり確認しておくと良いでしょう。

Sponsored Link

ミニミニの初期費用を実際に計算

それでは実際にミニミニの初期費用が家賃の3ヶ月~4ヶ月分となるのか。

ミニミニの初期費用を計算してみました。

★賃料50,000円・共益費3,000円・スーパー君(敷金0ヶ月・礼金0ヶ月)・10月15日契約開始の場合

敷金0円
礼金0円
賃料(10月分日割)25,806円
賃料(11月分)50,000円
共益費(10月分日割)1,548円
共益費(11月分)3,000円
仲介手数料27,500円
家賃保証会社費用20,000円
火災保険ミニミニライフサポートに含まれる
鍵交換費用20,000円前後
室内消毒代16,500円
ミニミニライフサポート3,000円(毎月)
合計167,354円

上記の例の場合、家賃の3ヶ月分ほどの初期費用となりました。

上記の例では日割り賃料やオプション商品である室内消毒代も含まれておりますので、日割り賃料がない場合や室内消毒代を外すことによってさらに初期費用を抑えることができます。

Sponsored Link

ミニミニライフサポートについて

ミニミニの自社物件(スーパー君・エース君)を契約する際にしっかり把握しておきたいのが、

ミニミニライフサポートについてです。

ミニミニライフサポートとは、

  • 火災・家財保険
  • 24時間365日トラブルサポート
  • U-NEXT動画配信サービス
  • 住み替え特典
  • 割引優待サービス
  • 契約特典

上記6つのサービスがまとまっているサポートサービスです。

入居者保険や緊急トラブルサポートに加えて、U-NEXT動画配信、さらには住み替え特典、優待サービスなど…

非常に手厚いサービスとなっているのですが、ミニミニライフサポートは月額3,000円(ファミリータイプの物件は3,500円)の費用が掛かります。

1年間で36,000円、2年間で72,000円の費用となりますので、手厚いサービスとはいえ大きな費用となってしまいます。

ミニミニライフサポート:規約によれば、

本サービスの加入資格者は、原則対象となる賃貸住宅の賃貸借契約締結と同時に本サービスに
加入するものとします。
引用:第4条(加入条件および加入期間)2

としています。

つまり、原則として必須に近い形でミニミニライフサポートへ加入することになります。

ミニミニライフサポートがいらない場合

「ミニミニライフサポートを断ることはできるのかな?」

このような疑問を持たれる方も多いと思います。

結論として、

ミニミニライフサポートの加入を断ることは可能です。

ただし、ミニミニライフサポートには火災保険のサービスも含まれておりますので、それに代わる火災保険を自分で加入してミニミニ側へ保険証券のコピーを提出する必要があります

また、基本的には必須に近い形でミニミニライフサポートへの加入をお願いされるため、担当営業マンによってはしつこく加入をお願いされることもあるでしょう。

しかしながら強制で加入させることはミニミニ側もできませんので、

「ミニミニライフサポートのサービス内容が自分にとって必要なサービスであるかどうか」

をしっかり考えることが重要です。

また、実際にミニミニライフサポートを断った方の記事がございますので、ぜひ参考にご覧になってみてください。

Sponsored Link

ミニミニの初期費用はクレジットカード払い可能?分割払いできる?

賃貸の初期費用は高額になりやすいです。

「できることなら初期費用をクレジットカードで支払いたい…」

このような希望をお持ちの方も多いことでしょう。

しかし、ミニミニ自社物件の初期費用は原則クレジットカード払い不可となります。

また、分割払いもできませんので、初期費用に関しては振込みで支払う形となります。

フランチャイズ店舗によってはクレジットカード払いに対応している店舗も

基本的にクレジットカード払い不可となるミニミニですが、一部のフランチャイズ店舗で初期費用のクレジットカード払いに対応している店舗もあります

クレジットカード払いを希望される方は、初回のお問い合わせの段階でクレジットカード払いが可能であるか確認した方が良いでしょう。

Sponsored Link

ミニミニの入居審査について

これからミニミニの物件へ入居を検討されている方にとって、初期費用以外にも入居審査に疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

ミニミニの入居審査では家賃保証会社を利用して審査を行います

物件や審査内容によって利用する家賃保証会社は変わりますが、

原則としてオリコフォレントインシュアという家賃保証会社を利用して「ミニテックカード(オリコカード)」を発行する形となります。

オリコフォレントインシュアは個人信用情報を元に審査を行いますので、審査がやや厳しめです。

クレジットカードの滞納歴などがある方の場合、入居審査に落ちてしまう可能性もございますのでご注意ください。

また、詳しいミニミニの入居審査については筆者の別サイト記事で解説をしています。

ミニミニの物件へ入居をご検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

Sponsored Link

まとめ

今回はミニミニの初期費用について詳しく解説を致しました。

ミニミニは、

「スーパー君・エース君の入居システム」

「仲介手数料半額」

によって相場よりも初期費用が安くなりやすいです。

初期費用を安く抑えたい方にはミニミニの自社物件はおすすめと言えます。

また、「進化したスーパー君」であれば、家具家電付きサービスとなるので学生や新社会人の方にもおすすめです。

まずはミニミニの物件で希望に合う物件があるかどうか確認してみるのも良いでしょう。

ミニミニ公式サイトはこちら

また、初期費用だけではなく、退去費用もあらかじめ知っておくことで退去の際のトラブルを事前に防ぐこともできます。

ミニミニの退去費用に関する記事もございますので、よろしければ参考にご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたがより良いお引越しができることを祈っています。

初期費用が安いビレッジハウス

「初期費用をとにかく抑えたい!」

そんな希望をお持ちのあなたにはビレッジハウスがおすすめです。

ビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が圧倒的に安いです。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

ビレッジハウスの初期費用の詳細は下記の記事をご参照ください。

Sponsored Link