大和リビング(D-room)の初期費用はどのくらい?仲介手数料はいくら?賃貸営業マンが徹底解説!

大和リビング(D-room)の初期費用

大和リビングは大和ハウスの賃貸グループ会社で、全国に約58万戸の物件を管理しています。

大和ハウス施工の賃貸物件D-roomは、高品質な賃貸住宅として人気が高く、リピーターも多いです。

実際に大和リビング(D-room)の物件を検討されている方も多いことと思います。

しかし、大和リビングの物件を検討されている方の中には、

  • 大和リビングの初期費用はどのくらい掛かる?
  • 仲介手数料はいくら?
  • 初期費用は安くできるの?

など…大和リビングの初期費用について多くの疑問や不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、大和リビング(D-room)の初期費用について詳しく解説をしていきます。

  • 大和リビングの初期費用の相場
  • 初期費用で発生する費用の説明
  • 初期費用を実際に計算
  • 大和リビングの仲介手数料
  • 初期費用を安くする方法

おもに上記5つの内容について詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことで大和リビング(D-room)の初期費用についてしっかり理解することができますよ。

Sponsored Link

大和リビング(D-room)初期費用の相場

まずは大和リビング(D-room)の初期費用はどのくらい掛かるのか。

大和リビングの初期費用の相場をお伝えしていきます。

大和リビングの初期費用の相場は家賃の4ヶ月~6ヶ月分ほどです

例えば家賃8万円の物件の場合、30万円~50万円ほどの初期費用となります。

振れ幅が大きいのは新築物件や築浅物件では礼金2ヶ月など高めに設定されやすいからです。

また、大和リビングの初期費用では「家賃保証会社費用が発生する物件と発生しない物件」があります。

さらに初期費用は日割り賃料によっても大きく異なってくるため、おおよそ家賃の4ヶ月~6ヶ月分の初期費用となっています。

大和リビングの初期費用は高い?

その他の不動産会社の一般的な初期費用の相場は家賃の5ヶ月分ほどとなります。

そのため、大和リビングの初期費用は相場通り~相場よりもやや高めとなることが多いです。

大和リビングの初期費用は決して安いとは言えませんが、そこまで高くもないと言えます。

Sponsored Link

大和リビング(D-room)初期費用で発生する費用

続いて大和リビング(D-room)の初期費用で発生する費用を解説していきます。

大和リビング(D-room)の初期費用で発生する費用は下記のとおりです。

  • 敷金もしくはハウスクリーニング費用
  • 礼金(1ヶ月が相場)
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 鍵交換費用

このように羅列してみると初期費用として発生する費用は意外と少ないことが分かります。

各初期費用の意味合いは下記のようになります。

敷金貸主へ預けるお金で家賃の担保や退去費用に充てられる。
ハウスクリーニング費用退去の際に支払うハウスクリーニング費用を前払いする。敷金がない物件で発生。
礼金貸主へ物件を借りるお礼金。入居者にとっては無駄な費用。
前家賃入居月の日割り家賃と翌月分の家賃を支払うのが一般的。
鍵交換費用入居前に鍵交換するための費用。

近年の大和リビングの物件では、

「敷金なし・ハウスクリーニング費用5万円前後」

とする契約が多くなっています。

細かい意味合いは異なるものの、どちらも退去費用に充てられるという意味では同じです。

事前に最低限のクリーニング費用を支払っているため、原状回復費用などのその他退去費用が発生しなければ退去費用0円で退去することができます。

大和リビングでは火災保険や家賃保証会社費用が発生しない物件が多い

大和リビングの初期費用の大きな特徴として、

火災保険や家賃保証会社費用が発生しない物件が多いことが挙げられます

火災保険や家賃保証会社の費用は大和リビングで負担してくれる形です。

一般的な不動産会社の火災保険や家賃保証会社の相場は、

火災保険→15,000円~20,000円前後

家賃保証会社費用→月額総賃料の50%

となりますので約5万円ほどお得になっています。

ただし、火災保険や家賃保証会社費用を入居者負担とする大和リビングの物件も一部ございますのでご注意ください

Sponsored Link

大和リビング(D-room)の仲介手数料はいくら?

大和リビングの仲介手数料について気になる方もいらっしゃると思います。

仲介手数料に関しては物件の紹介を行う仲介不動産会社によって異なっていきます

多くは仲介手数料を賃料の1ヶ月分+税とする不動産会社がほとんどですが、中には仲介手数料を賃料の0.5ヶ月+税とする不動産会社も存在します。

数はあまり多くはありませんが、仲介手数料を賃料0.5ヶ月+税で対応してくれる不動産会社を見つけることで初期費用を安くすることができます。

大和リビングは住み替え特典で仲介手数料を安くできる

大和リビングでは、大和リビングの管理物件間の住み替えで下記の特典を受けることができます。

大和リビング 住み替え特典
画像引用元:大和リビング公式サイト

・仲介手数料半額
もしくは
・半月分家賃無料
現在すでに大和リビングの物件に入居している方が、住み替えでも大和リビングの物件であれば仲介手数料を半額で入居することができます。
ただし、直接ダイワリビングまたはダイワエステートで契約を結ぶ方のみとなります。
仲介不動産業者を通した契約だと住み替え特典を受けることができません。
現在大和リビングに入居中の方で次の物件も大和リビングの物件を検討されている方は、
大和リビング公式サイトから物件のお問い合わせ・契約
をした方が良いでしょう。
Sponsored Link

大和リビング(D-room)初期費用を実際に計算

実際に大和リビング(D-room)の初期費用を計算してみました。

★賃料80,000円・共益費4,000円・敷金なし・ハウスクリーニング費用50,000円・礼金1ヶ月・10月15日契約開始の場合

ハウスクリーニング費用50,000円
礼金80,000円
賃料(10月分日割)41,290円
賃料(11月分)80,000円
共益費(10月分日割)2,065円
共益費(11月分)4,000円
仲介手数料88,000円
鍵交換費用20,000円前後
合計365,355円

上記の例の場合、初期費用は家賃の4.5ヶ月分ほどとなりました。

一般的な不動産会社の初期費用の相場は家賃の5ヶ月分ほどですので、おおよそ相場どおりの金額に収まっています。

火災保険や家賃保証会社の費用が発生しない物件であれば、相場よりも若干安い初期費用となることも多いです。

ただし、大和リビングの物件は高品質・人気が高い物件が多いので、礼金が2ヶ月以上で設定されていることも珍しくありません

礼金が高く設定されている物件は、その分初期費用が高くなりますのでご注意ください。

Sponsored Link

大和リビング(D-room)の初期費用を安くしたい方へ

「大和リビングの初期費用を少しでも安くしたい…」

皆さんこのようにお考えになるかと思います。

初期費用を安くするには上記でご説明したように仲介手数料が安い仲介不動産会社を選ぶ手もありますが、初期費用の割引交渉を行うという方法もあります。

そして初期費用の割引交渉で最も交渉しやすい初期費用の項目は礼金です。

礼金は貸主(オーナー)に物件を借りるお礼金となる費用で、入居者にとっては完全に無駄な費用となります

賃貸契約を結ぶうえでも不要な費用ですので、上手に礼金交渉を持ちかけられれば礼金を割引してもらえるケースもあります。

仲介手数料を値下げしたいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、仲介手数料よりもよっぽど礼金の値下げ交渉をした方が初期費用が割引される可能性が高いです

礼金の交渉に関しては筆者の別サイト記事にて詳しく解説をしていますので、よろしければ参考にご覧ください。

Sponsored Link

大和リビング(D-room)入居審査について

これから大和リビング(D-room)の入居を検討される方にとって、初期費用以外にも入居審査に疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

大和リビング(D-room)の入居審査では、クレジットカード滞納歴などの個人信用情報を元に審査を行います

そのため大和リビング(D-room)の入居審査はその他の不動産会社と比べて厳しめです。

また、大和リビングの入居審査は結果が出るまでに時間が掛かりやすいことにも注意が必要です

大和リビングの入居審査の詳細に関しては筆者の別サイト記事で解説をしています。

大和リビングへの入居をご検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

Sponsored Link

まとめ

今回は大和リビング(D-room)の初期費用について詳しく解説をいたしました。

大和リビングの初期費用は礼金の金額によって大きく異なりますが、おおよそ相場どおりの初期費用となることが多いです

高品質で人気の高い大和リビング(D-room)の物件をぜひ検討してみてください。

大和リビング公式サイトはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたがより良いお引越しができることを祈っています。

初期費用が安いビレッジハウス

「初期費用をとにかく抑えたい!」

そんな希望をお持ちのあなたにはビレッジハウスがおすすめです。

ビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が圧倒的に安いです。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

ビレッジハウスの初期費用の詳細は下記の記事をご参照ください。

Sponsored Link