MDI(リブリ)の初期費用について知っておきたい4つのこと

MDI(リブリ)の初期費用

MDIは全国に約4万戸を管理している不動産会社です。

「LIVLI(リブリ)」というブランド名で賃貸物件を展開しています。

MDI(リブリ)の物件は、

「インターネットWifi無料」

「セコムのセキュリティサービス完備」

となっている物件が多く、人気を集めています。

特にMDIの物件は関東エリアで物件数を伸ばしており、関東エリアでお部屋探しをされている方はMDIの物件を検討されている方も多いと思います。

そして入居を検討されている方が最も気になることは「初期費用」ではないでしょうか?

そこで今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、MDI(リブリ)の初期費用について詳しく解説をしてきます。

  • MDI(リブリ)初期費用の相場
  • 初期費用で発生する費用の説明
  • 初期費用を実際に計算
  • 初期費用を安くする方法

おもに上記4つの内容について詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことでMDI(リブリ)の初期費用についてしっかり理解することができますよ。

Sponsored Link

MDI(リブリ)初期費用の相場

まずはMDI(リブリ)の初期費用はどのくらい掛かるのか。

MDI(リブリ)の初期費用の相場をお伝えしていきます。

MDI(リブリ)の初期費用の相場は、

家賃の5ヶ月~6ヶ月分

となります。

その他の不動産会社の初期費用の相場は家賃の5ヶ月~6ヶ月分となりますので、MDI(リブリ)の初期費用はおおよそ相場どおりと言えます

Sponsored Link

MDI(リブリ)初期費用で発生する費用

続いてMDI(リブリ)の初期費用で発生する費用を解説していきます。

MDI(リブリ)の初期費用で発生する費用は下記のとおりです。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 家賃保証会社費用
  • 火災保険
  • 鍵交換費用
  • リブリクラブ入会費

各初期費用の意味合いは下記のようになります。

敷金貸主へ預けるお金で家賃の担保や退去費用に充てられる。
礼金貸主へ物件を借りるお礼金。入居者にとっては無駄な費用。
仲介手数料仲介不動産会社に支払う賃貸契約手数料。
前家賃入居月の日割り家賃と翌月分の家賃を支払うのが一般的。
家賃保証会社費用家賃を保証する会社へ加入するための費用。
火災保険家財・火災に対する保険加入料。
鍵交換費用入居前に鍵交換するための費用。
リブリクラブ入会費リブリ物件入居者の限定サービスの入会費

その他の不動産会社と大きな違いがあるのは、

「リブリクラブ入会費」です。

リブリクラブはリブリ物件の入居者限定でさまざまなサービスを受けることができます。

しかしながら、初期費用で入会費として7,000円+税が発生する形となります。

リブリクラブ入会費は必須の費用となりますので、リブリの物件へ入居を検討されている方は予めリブリクラブのサービス内容や費用を把握しておくとよいでしょう。

リブリクラブについては筆者の別サイトにて詳しく解説していますので、よろしければ参考にご覧ください。

MDI(リブリ)の仲介手数料は基本的に賃料1ヶ月分+税

「MDI(リブリ)の仲介手数料っていくらだろう?」

このような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

MDI(リブリ)の仲介手数料は担当をする仲介不動産会社によって異なります

多くは仲介手数料を賃料の1ヶ月分+税とする不動産会社がほとんどですが、中には仲介手数料を賃料の0.5ヶ月+税とする不動産会社も存在します。

数はあまり多くはありませんが、仲介手数料を賃料0.5ヶ月+税で対応してくれる不動産会社を見つけることで初期費用を安くすることができます。

Sponsored Link

MDI(リブリ)初期費用を実際に計算

実際にMDI(リブリ)の初期費用を計算してみました。

★賃料60,000円・共益費3,000円・敷金1ヶ月・礼金1ヶ月・10月15日契約開始の場合

敷金60,000円
礼金60,000円
賃料(10月分日割)30,968円
賃料(11月分)60,000円
共益費(10月分日割)1,548円
共益費(11月分)3,000円
仲介手数料66,000円
家賃保証会社費用63,000円
火災保険20,000円前後
鍵交換費用20,000円前後
リブリクラブ入会費7,700円
合計389,216円

上記の例の場合、初期費用は家賃の6ヶ月分を少し超える金額となりました。

一般的な不動産会社の初期費用の相場は家賃の5ヶ月分~6ヶ月ほどですので、相場よりも少し高い金額となっています。

上記の例では礼金1ヶ月や日割り家賃を想定して作成しましたので、礼金がない物件や日割り家賃が発生しなければもう少し初期費用を抑えることができます。

また、MDIの初期費用の中で相場よりも高い項目となるのが「家賃保証会社費用」です。

その他の不動産会社の家賃保証会社費用は総賃料の0.5ヶ月分が相場となりますが、MDI(リブリ)の家賃保証会社費用は総賃料の1ヶ月分となります。

家賃保証会社の費用やリブリクラブ入会費などによって、MDIの初期費用は少し高めになりやすいと言えるかもしれません。

Sponsored Link

MDI(リブリ)初期費用を安くする方法

「初期費用を少しでも安くしたいな…」

初期費用は安いに越したことはないですよね。

初期費用を安くするには上記でご説明したように仲介手数料が安い仲介不動産会社を選ぶ手もありますが、初期費用の割引交渉を行うという方法もあります。

そして初期費用の割引交渉で最も交渉しやすい初期費用の項目は礼金です。

礼金は貸主(オーナー)に物件を借りるお礼金となる費用で、入居者にとっては完全に無駄な費用となります

賃貸契約を結ぶうえでも不要な費用ですので、上手に礼金交渉を持ちかけられれば礼金を割引してもらえるケースもあります。

礼金が付いている物件に関してはぜひ礼金交渉を持ち掛けてみましょう。

また、礼金の交渉に関しては筆者の別サイト記事にて詳しく解説をしていますので、よろしければ参考にご覧ください。

Sponsored Link

MDI(リブリ)の入居審査について

これからMDI(リブリ)の物件へ入居を検討されている方にとって、初期費用以外にも入居審査に疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

MDI(リブリ)の入居審査は「ライベックス」という保証会社を利用して審査を行います。

ライベックスでは、クレジットカード滞納歴などの個人信用情報は確認されません

そのためMDI(リブリ)の入居審査は比較的審査がゆるめです。

もちろん必ず入居審査に通過できるわけではありませんが、入居審査に落ちてしまう可能性はそこまで高くないと言えます。

また、さらに詳しいMDI(リブリ)の入居審査に関しては筆者の別サイト記事で解説をしています。

MDI(リブリ)の物件へ入居をご検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

Sponsored Link

まとめ

今回はMDI(リブリ)の初期費用について詳しく解説をいたしました。

MDIの初期費用はおおよそ相場どおりとなりますが、家賃保証会社費用やリブリクラブ入会費によって若干相場よりも高い費用となるかもしれません

しかしそれでも、MDIの物件は「インターネット無料」や「セコムセキュリティ」などのメリットもたくさんあります。

また、築年数が新しい物件が多いので、綺麗な物件も多いことも特徴の一つです。

まずはMDIの公式サイトで最新の物件情報を確認してみてくださいね。

MDI公式サイトはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたがより良いお引越しができることを祈っています。

初期費用が安いビレッジハウス

「初期費用をとにかく抑えたい!」

そんな希望をお持ちのあなたにはビレッジハウスがおすすめです。

ビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が圧倒的に安いです。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

ビレッジハウスの初期費用の詳細は下記の記事をご参照ください。

Sponsored Link