アパマンショップの初期費用は高い?仲介手数料はいくら?賃貸営業マンが解説!

アパマンショップの初期費用

アパマンショップは全国に約1100店舗あり、賃貸住宅仲介業店舗数No1の不動産会社です。

日本全国どこでもアパマンショップの店舗がありますので、実際にこれからアパマンショップでお部屋探しをご検討されている方も多いことと思います。

そしてアパマンショップでお部屋探しを検討されている方が最も気になるのは「初期費用」ではないでしょうか?

そこで今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、アパマンショップの初期費用について詳しく解説していきます。

  • アパマンショップの初期費用の相場
  • アパマンショップの仲介手数料
  • アパマンショップの初期費用を実際に計算
  • 初期費用を安くする方法
  • 初期費用の分割払いやクレジットカード払いについて

上記5つの内容について詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことでアパマンショップの初期費用や仲介手数料についてしっかり理解することができますよ。

Sponsored Link

アパマンショップの初期費用は高い?

「アパマンショップの初期費用は高いのかな?」

おそらく多くの方が気になることだと思います。

結論としては、

各アパマンショップの店舗や物件によって大きく異なる

となります。

アパマンショップの約1000店舗がフランチャイズ店舗

実はアパマンショップの1100店舗のうち、約1000店舗がフランチャイズ店舗です。

賃貸契約の初期費用は各フランチャイズ店舗によっても異なりますし、もちろん物件によっても異なっていきます。

そのため、

「アパマンショップの初期費用が高いかどうか」

「相場はいくらくらいであるか」

を一概にお伝えすることは難しいですが、おおよその初期費用の相場としては、

家賃の4ヶ月~6ヶ月分

となる物件が多いです。

その他の不動産会社の初期費用の相場としても家賃の5ヶ月分ほどとなりますので、アパマンショップの初期費用だけ特別高いということはありません

基本的にはその他の不動産会社と同じような初期費用で収まることが多いと言えるでしょう。

アパマンショップの初期費用で発生する費用

続いてアパマンショップの初期費用で発生する費用を解説していきます。

各フランチャイズ店舗や物件によって発生する費用は異なっていきますが、多くの物件で下記の初期費用が発生していきます。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 家賃保証会社費用
  • 火災保険
  • 鍵交換費用
  • 室内消毒代
  • 24時間安心サポート
  • 消火剤

各初期費用の意味合いは下記のようになります。

敷金貸主へ預けるお金で家賃の担保や退去費用に充てられる。
礼金貸主へ物件を借りるお礼金。入居者にとっては無駄な費用。
仲介手数料仲介不動産会社に支払う賃貸契約手数料。
前家賃入居月の日割り家賃と翌月分の家賃を支払うのが一般的。
家賃保証会社費用家賃を保証する会社へ加入するための費用。月額総賃料の50%の費用が相場。
火災保険家財・火災に対する保険加入料。約2万円前後。
鍵交換費用入居前に鍵交換するための費用。約2万円前後。
室内消毒代入居前に行う消臭・除菌などの消毒施工費。1.5万円前後。
24時間安心サポート24時間365日緊急トラブルに対応するなどのサービス。1.5万円前後。
消火剤万が一の火災の際に脱出経路として利用する消火剤。5,000円前後。

アパマンショップの初期費用で発生する費用は多くの不動産会社と大きくは変わりません。

ただ、「室内消毒代・24時間安心サポート・消火剤」などのオプション商品はその他の不動産会社と比べて多めにあるので、自分に本当に必要な商品であるかどうかをしっかり確認した方が良いでしょう。

Sponsored Link

アパマンショップの仲介手数料はいくら?

初期費用の中でも多くの方が気になるのが仲介手数料だと思います。

アパマンショップの多くの店舗では仲介手数料を賃料の1ヶ月+税としている店舗がほとんどです。

その他の不動産会社の仲介手数料の相場も賃料の1ヶ月+税ですので、特別アパマンショップの仲介手数料が高いということはありません。

ただ、仲介手数料を賃料の0.5ヶ月分とする不動産会社もありますので、そういった不動産会社と比較するとアパマンショップの仲介手数料は安いとは言えないでしょう。

仲介手数料割引キャンペーンが行われている物件もある

アパマンショップの店舗や物件によっては、

仲介手数料割引キャンペーンが行われている場合もあります。

「仲介手数料半額」

「仲介手数料無料」

など、キャンペーン対象物件を選択することによって仲介手数料を抑えられる場合もあります。

敷金なし礼金なし・フリーレント適用物件も多い

また、アパマンショップの物件は仲介手数料の割引キャンペーンだけではなく、

「敷金なし礼金なし物件」

「フリーレント適用物件」

などの初期費用が安い物件も多いです。

上記のような物件を選択することで初期費用を安く契約することができます。

Sponsored Link

アパマンショップの初期費用を実際に計算

実際にアパマンショップの初期費用を計算してみました。

★賃料60,000円・共益費3,000円・敷金1ヶ月・礼金1ヶ月・10月15日契約開始の場合

敷金60,000円
礼金60,000円
賃料(10月分日割)30,968円
賃料(11月分)60,000円
共益費(10月分日割)1,548円
共益費(11月分)3,000円
仲介手数料66,000円
家賃保証会社費用31,500円
火災保険20,000円前後
鍵交換費用20,000円前後
室内消毒代16,500円
24時間安心サポート16,500円
消火剤5,000円
合計391,016円

上記の例の場合、初期費用は家賃の6ヶ月分を超える金額となりました。

上記の例では敷金礼金1ヶ月や日割り家賃を想定して作成していますので、

  • 敷金礼金なしの物件
  • 日割り賃料がないケース

では家賃の4ヶ月~5ヶ月分となる物件が多いでしょう。

また、

  • 室内消毒代
  • 24時間安心サポート
  • 消火剤

のオプション商品に関しても初期費用は大きく異なりますので、オプション商品を不要とすることでさらに初期費用をおさえることができます。

Sponsored Link

アパマンショップの初期費用を安くする方法

「初期費用を少しでも安くしたいな…」

初期費用は安いに越したことはないですよね。

初期費用を安くするには上記でご説明したように、初期費用割引キャンペーン物件を狙う手もありますが、初期費用の割引交渉を行うという方法もあります。

そして初期費用の割引交渉で最も交渉しやすい初期費用の項目は礼金です。

礼金は貸主(オーナー)に物件を借りるお礼金となる費用で、入居者にとっては完全に無駄な費用となります

賃貸契約を結ぶうえでも不要な費用ですので、上手に礼金交渉を持ちかけられれば礼金を割引してもらえるケースもあります。

仲介手数料を値引きしたい方も多いと思いますが、仲介手数料の値引き交渉よりも礼金の値引き交渉の方がよっぽど成功率が高いです

礼金が付いている物件に関してはぜひ礼金交渉を持ち掛けてみましょう。

また、礼金の交渉に関しては筆者の別サイト記事にて詳しく解説をしていますので、よろしければ参考にご覧ください。

Sponsored Link

アパマンショップの初期費用はクレジットカード払い可能?分割払いできる?

「初期費用をクレジットカードで支払いたい!」

このような希望をお持ちの方も多いでしょう。

結論としては、

アパマンショップの初期費用はクレジットカード払いが可能です。

また、初期費用の分割払いにおいてもクレジットカードを通して分割払いとすることができます

賃貸契約の初期費用は高額になりますから、クレジットカード払いにすることによってクレジットカードのポイントも大きく貯めることができますね。

アパマンショップの入居審査について

これからアパマンショップの物件へ入居を検討されている方にとって、初期費用以外にも入居審査に疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

アパマンショップの入居審査では家賃保証会社を利用して審査を行うことがほとんどです。

家賃保証会社はそれぞれのフランチャイズ店舗によって利用する家賃保証会社が異なります。

また、家賃保証会社によって入居審査の厳しさは大きく異なりますので、各フランチャイズ店舗によって入居審査の厳しさは異なっていきます

一般的には独立系と呼ばれる家賃保証会社を利用する店舗は審査がゆるく、信販系の家賃保証会社を利用する店舗は審査が厳しめです。

この点の詳しいアパマンショップの入居審査については筆者の別サイト記事で解説をしています。

アパマンショップの物件へ入居をご検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

まとめ

今回はアパマンショップの初期費用について詳しく解説をいたしました。

アパマンショップの初期費用はほぼ相場通りと言えますが「敷金なし礼金なし物件」も比較的多めですので、そのような物件を選択することで初期費用を抑えることができるでしょう。

また、オプション商品も多いので、不要なオプション商品を外すことでさらに初期費用を抑えることができます。

これからお部屋探しをされる方にとって、店舗数が多いアパマンショップは非常に利用しやすい賃貸不動産会社と言えます

まずはアパマンショップの公式サイトからあなたのお探しのエリアの物件を調べてみてくださいね。

また、初期費用だけではなく、退去費用もあらかじめ知っておくことで退去の際のトラブルを事前に防ぐこともできます。

アパマンショップの退去費用に関する記事もございますので、よろしければ参考にご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたがより良いお引越しができることを祈っています。

初期費用が安いビレッジハウス

「初期費用をとにかく抑えたい!」

そんな希望をお持ちのあなたにはビレッジハウスがおすすめです。

ビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が圧倒的に安いです。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

ビレッジハウスの初期費用の詳細は下記の記事をご参照ください。

Sponsored Link